車を売るならどうしたらいいのか。

車もやっぱり寿命がくるもんね。
やっぱり初めに乗った車をずっとは乗りたくても乗れない日が、きてしまうもんね。
でも、すぐ違う車に乗りたくなって手放す人もいるよね。
そんな時に車を売るなら、どこに持っていけばいいんだろうね。
買取りの会社へ直接持っていっても、買取り会社主体の査定になってしまって高価買取りはのぞめないみたいだよ。
下取りにだしても高く車売る事はできないみたいだよ。
一括査定と複数競合が高額売却になるみたいだよ。
一社だけじゃなくて複数の会社に、一括で車の見積もりを申し込めます。 
一括査定で他社の競合を促して、買取り価格のつり上げをすることができるみたいだよ。
いろいろな会社に自分で見積もりを依頼をしたら、一番高く車を買い取ってくれる所が見つかるみたいだから探してみたらいいと思ったよ。
一円でも車を高く売るためには、車の走行距離も頭に入れておいた方がいいと思うよ。
車を買ってから走行距離がのびればのびてしまうほど、価値は下がってきてしまうので一円でも自分の車を高く売るためには早めに売った方がいいと思ったよ。

中古車買取り査定について調べてみた

今度、友人が長年大切にしてきた車を売ることになったらしい。
下取りしてもらうか買取か悩んでいるらしいが、
どちらが高く買い取ってもらえるんだろう。

そこで自分もいずれは売る時がくるので、
中古車買取り査定について調べてみることにした。

ネットで調べてみると下取りよりは買取の方がやはり高く買い取ってくれる確率は高いみたいだ。
友人の車のように大切にしてきた車であればなおさら買取の方がいいらしい。
査定ではきちんと車が整備されていたり、見た目や内装もきれいに保たれていれば査定額もぐんとあがるらしい。
付属品やスペアのタイヤ・鍵などもききんととっている几帳面な友人。
こういった部分も査定額が上がるポイントなんだそうだ。

どうやらネットには複数の買取業者に一括で査定を依頼できるシステムがあるらしく、
それを利用すれば自動的に数日後には返事がくるようになっている。
その中から納得のいく査定内容をだしてくれた業者に連絡をとって、
実際の査定を行ってもらうのが一番手間がかからなそう。

念の為、下取り価格がいくらになるのか調べておいて査定もしてもらえば充分といったところだ。
まれだけど、下取りのほうがいい値段になることもあるらしい。

それにしてもあまり調べたことなかったけど、車を売る為にはやっぱり大切にしていたほうがいいんだなと改めて思った。
自分の車が査定を受けるときのことも考えて、車を大切にしたいと思う。

車買取データ収集でわかったこと

諸事情があって、車を手放すことにしました。

せっかくなら高く買い取ってもらいたいものだと、車買取データを収集中。

中古車査定の経験者に聞くと、インターネットで自分と同じような車が中古車市場でどのくらいで売られているか、またディーラーに下取り価格を査定してもらってだいたいの相場を把握しておくことはもちろんですが、自分の車をアピールポイントをまとめておいたほうがいいとのことです。

グレードを明確にしておくこと、また特別仕様車やオプション品などもアピールポイントになるそうです。ナビやETCだけでなく、エアロパーツやホイールなどもピックアップして、アピールすべし、だそうです。

あと、あまり人気のない色でも、「これは希少色だ!」とアピール。物は言いようです。

事故歴などは正直に言ったほうがいいらしいです。隠してもすぐバレます(笑)。1cm以下の小さい傷は傷として判定されないそうなので、あえて言わなくていいそうですが、すぐ直せるようなものなら直しておいたほうが印象は良くなるらしい。逆に、大きな傷は、わざわざ修理代をかけて直しても、それで査定が上がることはないので、そのままにしておいていいんだって。これは意外な情報でしたね。

また、車を渡せる日が近ければ近いほど、向こうも買い取りに力が入るので、できれば1週間以内。1ヵ月後とか2ヵ月後とかは避けたほうがいいらしい。

「書類をすべてそろえて、『今日にでも売ってもいいから、代車は出してね。』と交渉すれば、それだけでも買取価格にいくらか上乗せ可能になるよ。」とは経験者の弁。